2009年7月 9日 (木)

オワリとハジメ

なんかケイコとマナブみたいな題名笑


試験やっとおわりました!


民法しか過去問やってない去年の100%試し受験除いて


1回目のガチ受験


ん~感想は、手応えあるとこあればないとこもあったりで


やっぱりあやふやな手続き系、組織再編系はあやふやなままでは


本番なかなか使えないなと。


記述については、記述は不登・商登ともほぼ「わかった」し、答えとも同じやった


ただ、その申請の表現方法は完全にスルーしてて。


(あれこれやるより確実な持ち駒増やそと思って


やし、わかってるのに、答えはわかるのに


それを表現しきれへんのがもどかしくて、悔しかったデス


でも、おわったことはおわったことで置いといて、7月5日(日)が終わったってゆうことは


来年の試験まで、もう1年切ったということ。


もうオワリ君は過去の人、ハジメちゃんが今の人。


なんか堂本剛・ともさかりえがチラついたのはぼくだけデスカ笑


女の人の切り替えの早さを見習わな


今回あやふやだったこと、苦手なとこをしっかり分析&反省しなきゃです。


あ、でも8月からね。8月。


今は、ちょっと休憩~~


ア~ンド、テスト勉強~


GPAなんて一生関係ないなんて思ってたから、気にしてなかったし、授業もまったくでてなかったけど


ちょっと思うところあってピンチなんです


また次の日記で整理しよと思います。


Nec_0192

写真は試験終わった帰り道で買った カシス酒


お買い得品のスパークリングワインもいてんけど、Tこんちでそっこー空けてゴミ箱にいっちゃいました


番茶+カシスは激マズやね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

Time goes by

ちょっと弱音からスタート


なんか昔から てゆっても中高一貫やったし大学受験からやけど


「受験」ってゆうものに弱くて


気力は十分やし、わりと機嫌良く勉強してんのに


なんなら勉強できる環境に感謝しなな~なんて思ってんのに (タマニネ)


なんか体が先に弱ってしまうんです


で、気が滅入ってくるってパターン。


そんなかんじで 「あ~ 時間だけが過ぎていく~」なんてグダフダ考えてたら


ポッと思い出したフレーズがタイトルにある


Time goes by」です。


(弱音タイム終了)


Every Little Thingの歌の曲名にあったフレーズで、


直訳すると「時間が過ぎていく


英語に触れてないからちょっと自信ない笑、、もっとニュアンス汲み取った訳あるかも。


時間は不可逆的で、あたりまえのように流れてくし


スタープラチナだって止められるのは数秒


やから 時間になにか意味もたせなそれこそ 時間の「無駄」になっちゃうわけで


変に色々考えてんと、受験勉強の時間にもっかい意味もたせなって思った!


そして、そんなこんな考えてると 受験勉強以外にも、昨日まさに「Time goes by」なコトを2つ考える機会がありました


1つ目は 沖縄「慰霊の日」ということで麻生首相が追悼式典に出席したってゆうコト


これ聞いて「なにしに行ったん?!」ってビックリ


戦争する気マンマン


沖縄で外国と一緒に軍事演習する気マンマン


そのことでかつての治安維持法のような主張をする自民党のトップの人が


一体なにしに行ったんかなって。


戦争から学んだ意味を、時間の経過の中で薄れさせてきた人たちのトップが


一体なにしに行ったんかなって。


「戦争で麻生財閥をもっかい潤わせてネ」なんて祈りにいったのか


冗談にもならへん


時間の経過にもっかい意味を見いだして欲しいデス。


ぅん ほんと いいとこないよ


官僚主導・金権政治・戦争一直線・・・・・くたばれ自民党


そしてそして2つ目は足利事件の菅家さんのコト


こっちはNHKと、江川紹子さんの菅家さん(&佐藤弁護士)のインタビュー記事から


1つ目とまた違った意味で「時間が過ぎていく」ことを感じました。


裁判官が‘ほんのちょっとした手間と時間’を惜しんで再審請求を棄却したことで


‘17年’も身に覚えのないことで拘束されることになったんですが


この17年ってゆう時間が一体どーゆう風に流れたんか想像を絶します


ちなみに棄却理由は、「弁護団が鑑定に使用した毛髪が菅家さんのモノと分からない」とのこと!


いやいやいや ちょっと調べたら分かるやん笑


あと、このインタビュー記事でスゴイ気になったのが


知ってるのは「警察」が正義の味方ということだけで、あとは検察も、裁判官も全てどうゆうモノか知らない状況で


その「正義の警察」に疑われたら、完全に孤立してしまい、どうしようもない心境に追い込まれたってゆうコト


裁判に縁のない一般の人からしたら、もっとゆったら小さい頃から知ってる「警察」以外しらない人からしたら


弁護士や裁判官さえも圧迫を与える存在なんだなって。


弁護士目指してるまわりの人には、こうゆうとこ期待してます



ほんとは「まとめ」書いたらスッキリするんやろけどめんどいしなしで


以上 なんともまとまりのない話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

模試をふりかえってみる

今日はローのセンターとか公務員試験があったみたいです。


みんな僕なんか比べ物にならんくらい勉強してきてるねんし、きっといい結果がでるハズ


おつかれさまです。


僕も模試がひととおり終わったからその反省でも


昼ごはんは、チャージ系の飲み物+スコーンがベスト


飛ばした問題には大きく☆マークつけとこぅ


午後の部の択一と記述の配分は 70;110分。実力的にこれ以上はむり。。


マークの時間いれて、ギリギリ75分まで→14時10分~15分まで


記述は商登法から 【答案構成30分】→14時45分まで。【書く作業20~25分】→15時10分まで


あとは時計みながら不登法と格闘


もちろん現場対応忘れずに、時間みながらまずフレーム埋める!


あとネックなのは午後の手続き、、壊滅的すぎる


1回集中力切れるのも不登法の択一


あと少ない時間やけど民訴 供託 不登 商登を重点的にがんばろぅ


落ちたらなんて現実的なことは今は考えんとこ


自分がやったとこ 鮮明に覚えてるとこがいっぱい出る可能性だって0じゃないねんし


あきらめたらあかん


それに、勉強してるの応援してくれてる人、そのために色々我慢してくれてる人に失礼やし


あ~~ また心の声がダダ漏れしてる笑


はい、模試の反省おわり!


せっかく烏丸まで出たから帰りに買ったものでも載せとこ


Image936


Image937


Image938

・ポストカード3点  ポストカードって手紙として出せるよな?・・よくわからん笑

Image939

・『ブラックジャックによろしく』がでてたから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

ジェーン・バーキン 『無造作紳士』より

昔ふと耳にして、なぜか頭に残ってる歌ってありませんか??


どこで耳にしたのかよくわからんけど


なんて曲名なのかもしらんけど


どーしても忘れられない曲


ぼくの場合 それがジェーン・バーキンの『無造作紳士』でした。


覚えてるのは


大沢たかおさんが出てたドラマの主題歌か挿入歌で


壊れそうな声で 「クラムボ~ン」って歌ってて


その壊れそうな繊細な声に惹きつけられたってことだけで


それ以来 誰の歌なのか分からずモンモンとしてました


最後の手段は探偵ナイトスクープにお手紙だすしかない!とさえ思うぐらいでした。チョットダケネ


そんな時 なんのテレビか覚えてないんですが、ジェーン・バーキンが映ったときに


エルメスの「バーキン」のバッグの「バーキン」です。やし 女の人には有名かもしれません


そう、その時にバックで、「クラムボ~ン」が流れてて


このオバハンか!!!!!!って


いや この淑女か!って笑


そこで、やっとちっちゃい時からぼくを惹きつけてたのは


ジェーン・バーキンの歌う 「無造作紳士」ということが判明したんです


そして判明したのちかるく調べてみると


主題歌だったドラマは 「美しい人」で、1999年・・やしぼくが中学1年くらい?の時で


「クラムボ~ン」じゃなくて、「quoi bon」


バーキンその人は、いわゆるヘタウマだけど


良い意味でエロく、影があって、繊細で、それが歌に存分に出ているとのこと。


確かに、それは聴くとすぐ分かります。


ただ、ぼくが聴いたのは中学1年くらいで、自分が世界の中心だなんて思ってる残念な少年の時で


フランス語なんてわからないし(今もアンしかしらんけど)笑


影なんて


はたまた憂いなんて


全くわからない年頃。


だから 純粋にバーキンの「声」にひかれたんです


ノラジョーンズとかとはまたちがった 繊細すぎる「声」に完全に惹かれたんです。


そんな単純に声だけで、ここまで人を惹きつけるバーキンの歌ぜひ聴いてみてください


なんか1人だけ興奮してるけど笑


ぜひ知ってほしいんで、なんならゆってくれたらCD貸します!


昨日 安かったんで 『The Best of Jane Birkin』買っちゃったんで。


バーキンづくし


フランス語やしよくわからんけど


シャレたカフェで流れてるような


映画のワンシーンで流れてるような


リッチピーポーには 休日の朝 エスプレッソ飲みながら流れてるような


勉強の合間の癒しになるようなCDです


Image934

「The Best of Jane Birkin」 左;ケースの裏面 右;歌詞カード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

「Maldini onore alla tua carriera」

Maldini onore alla tua carriera


「マルディーニ あなたのキャリアに敬意を示す」


ヴィオラのクルヴァが出してた横断幕。


なんかホーム最終戦では、一部のミランクルヴァ(ほんの一部だと願いたいんだけど)から辛辣な横断幕を出されたとか


you tubeちょっとみた限りじゃ純粋に賛辞と感謝の雰囲気だったかなって思ったけど


やっぱ遠い島国の人じゃなく現地のファンにしか分からないことなんやろなぁ~


でも、敵からこんなメッセージだしてもらうなんて、みんなにそうとう愛されてる証拠


日本で、ぼくなら敵に賛辞なんて考えられない。


ん~ もしかしたら西京極で、ゴンが引退するなら・・ってゆうぐらい?


あ、とはいってもミランクルヴァからのメッセージが全部わけわからんわけじゃなくて


こんなメッセージが映ってました


Se vendi Kakà per risanare la società e non spendi più i tuoi milioni

 Caro Berlusconi grazie di tutto e vai fuori dai coglioni
!!!」


辞書片手に訳したみたらこんな感じ


「もし、クラブを改善するために(赤字まみれやし、負債を減らすという意味)カカを売って

 あなたの何億の(100万ユーロやし?)お金を使わないなら、親愛なるベルルスコーニよ
 (いままで)とってもありがとう そしてキンタマ(?)から出て行け!!!」


うん これには同感!


ミランファンはミランを強くしてくれたのは他でもないベルルスコーニで、そのほとんどがポケットマネーやったのを知ってるけど


やからこそ、クラブに愛情を、お金を注がず、自分たちのアイドルを売ろうとしたり、使い者にならない興業目的の選手をとろうとするオーナーに嫌気がさしたんでしょう。


ただ訳してて気になったんは「coglioni」。つまり「キンタマ」


日本人と同じで、「おまえキンタマついてんのか!?」ってゆうように


キンタマ好きなイタリア人


でも、なんで自分たちがキンタマ?って。(何回もキンタマってゆってごめんなさい、またゆった笑)


そこで、ちょっと調べてみたら


「des tours de babel」というブログの2006年の投稿にイタリア総選挙に際しての


ベルルスコーニの発言がとりあげられてました。


その発言は


'ho troppo stima per l'intelligenza degli italiani per pensare che ci siano in giro cosi' tanti coglioni che possano votare contro il proprio interesse


訳すと


「私はイタリア人の知性には十分敬意を払っているから、自分の利益に反するような投票をできるキンタマたちがこんなにいるなんて考えられない」


とのこと。


そしたら、イタリアの左翼や一般の人たちが「反ベルルスコーニ」として


自分たちを「キンタマ」としたムーブメントが起こったのだとか。


詳しくは上記ブログ もしくは「Nouvel Obs」 「Figaro」を読んでみてね。


イタリア語が乏しいボクはそっこー力つきました笑 


このことが直接つながってるかはしらんけど~ 無責任笑


ん! というわけでそんなこんなでゴタゴタなミランはキライやけど


純粋にミランに尽くしてくれたパオロマルディーニは賛辞をもって、ありがとうってゆうのがふつうだと思います


Grazie Paolo grande capitano

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

バルセロナ対マンチェスターユナイテッド

CL決勝@スタディオ・オリンピコ


欧州サッカーに興味薄なんてゆってるけど


やっぱりコレはハズせない笑


なぜならこの試合は、その年の強いチームのトレンドがぎゅっと凝縮されてて


非常に濃密なサッカーが見られるから


試合前の勝手な予想は マンU 3-1 バルサ


別にどっち応援してるとかじゃないけど、柔軟性があって フィジカルに優れてるマンUが


序盤に攻め込んで、あとはカウンターで加点する展開かなって。ナントナク


バルサは良くも悪くもバルサで、そういった点で柔軟に対処できるマンUのがどーしても有利に感じるかんじ


とりあえず 楽しいサッカーみせてくれ 寝ないで見るんだから!




そんなこんなで、3時35分にアラームかけて


3時40分にはテレビの前で、ヤクルト片手にスタンバイ


レーズンパンは・・・お腹すいたら食べよぅ


そして セレモニー長いなぁっとよそ見してたらあっとゆう間に試合開始


予想どうり全開できたのはマンU


出足の速さとフィジカルに任せて、序盤から一気に主導権を握りにくる作戦


てか プレミア勢ってこのスタイル多いよね。


序盤から飲み込もうってゆう形。


でも 前半10分 クリロナがシュート連発してるなかバルサ先制


イニがスルスル~って


エトオになにやらメッセージ付きパス


メッセージの内容は


「切りかえしてね スペース空けとくから


それを見たエトオくんゆわれた通りに切り返してーの


爪先でズドン!!


切り返しからの、爪先シュートはぼくも好きな形 (え?)


キーパーにタイミング合わせられにくいし、手にあたってもまず入る


それにしても、エトオくんの切り返しの速さ、体重移動ヤバイなぁ


出鼻くじかれたマンU。でも、序盤と同じ姿勢を継続。


攻撃時はバルサの4-3-3の3ハーフのサイド、アンリがいまいち守備しないスペース、不安のあるディフェンスを執拗に攻め


守備時は、バルサのディフェンスラインからの球出しを狙う。ピケ、シウビーニョにプレスをかけ、バルデス(&プジョル)に逃げたらコッチのもんてゆう感じ。


シウビーニョサイドに運動量で追いまくるパク。徐々に効果がでるか?なんて思う。


しかし、先制点とってから、落ち着き出したバルサ、イニ&チャビがヘルプにいかなくても


球を次第に前に運べるように。


中盤より前は、完全にバルサが制圧。


ロナウド1人を前線に残し 4-5-1を選択したファギーなのに


マンUの中盤はイニ、チャビ、ブスケッツ、メッシらの前になす術無し


文字どおり つったてるだけ。


そしてこのまま バルサが圧倒して前半終了。


イニのプレーにただただホレる前半


1人の選手のプレーに目を奪われるなんてそうあることじゃない。


日本人選手の目指すとこはここなのかなと。


バルサの試合を前にじっくり見たのは、ミラン対バルサで


ポゼッションにカウンターを備えたミランは最強やって思ってたそのときも、


バルサのサッカーはモノが違う!って思ったけど


今はイニもメッシもいて、なんてゆーか次元が違う!


一方、作戦どおりゆわれたことを愚直に遂行したマンUだけど


(なんか守備も攻撃も練習してきたことを出そうとするんがかわいいんやけど笑)


中盤の勝負でことごとく負ける始末。


このまま後半にいっても変わらないに違いない。。


こんなとき、どこぞのバスケプレーヤーならこういうんじゃないでしょうか


華麗な技をもつバルサは鯛。お前に華麗なんて言葉が似合うと思うか マンU


お前は鰈だ 泥にまみれろよ


近年ある意味で攻撃サッカーを捨て、リアリズムを追求してきたマンU


追求するならとことんしないと全国制覇なんてできない。


そう思ったどうかは知らないけど、後半頭からファギーは中盤を削りテベスを前線に投入


中盤の構成力の負けは認め、前半より バルサの球出しのチェック


ディフェンスラインの裏へのアタックを徹底。


その後もベルバトフ、スコールズを投入して、1発でディフェンスと勝負する作戦に。


中盤捨てたこの采配に「?」の人ももしかしたら多いと思うけど、バルサの中盤の個々の
力を考えたら


この作戦は十分アリだと思う。


まさに個々人の勝負に勝ちたいんじゃなくて、試合に勝ってビッグイヤーを掲げたいゆえの作戦だと思う。


しかし、そんな思惑とは裏腹に、バルサはプレスかいくぐり攻めまくり、守備もラインを若干低くして対処。


そして、チャビからのおっきい人は越えて、ちっちゃい人だけに合うクロスに


メッシが頭で合わせて勝負アリ


なんかメッシの頭って笑ったけど、クレスポばりのボディーバランスはサスガ。


最後まで、バルサが攻めて、マンU守備陣とファンデルサールのコンビネーションで防ぐってゆう構図は変わらず終了。


バルサおめでとう


こんな試合見たら、ごたごたミランなんか見捨ててバルサファンになりたくなるやん笑


(ほれてまうやろ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

おにぃちゃんは複雑です

そーいえば妹の就職が「銀行」に決まりました。


まだ就職なんて決まってない


模試で、とくに手続き法!!にボコられてる兄がゆうのもなんやけど


就職決まってうれしい反面


金貸しだけにはなってほしくなかって複雑です


前に日記で書いただけでも、銀行はふつうに詐欺紛いのことしてるし


SNSで、個人情報漏れてる!なんて話あったけど


事故で流れるならともかく 銀行はふつうに個人情報売ってるし


その他もろもろあくどいことはあるし。


30歳で年収1000万かせいだる!って意気込んでた先輩も


結局すぐやめちゃうくらい


「恨まれることはあっても、感謝されることはない」


仕事らしいし。。


ガッツだけはある妹でも


ちょっと心配です。


しかも、妹が銀行のそういった仕事を知ってる上で行くならまだしも


説明会に1回もいったことないし


パンフ読んだわけでもないみたい。


大丈夫なんか 妹笑



なんかワァーワァーゆってるけど


もちろん


16代アメリカ大統領 リンカーンの有名な言葉にあるように


世に卑しい職業はない。ただ卑しい人間があるのみである。」


というのはわかってます。


お金が借りられないと、家建てるのだってむずかしいし


事業だって続けられないし


一面では、人の役にたってるのは事実やし、必要な仕事だってゆうことは。


ただ、その他の面に無関心なことほど


人を傷つけちゃうことはないし、。


シスコン?のおにいちゃんは心配なんです


そして肩身の狭いおにいちゃんは 将来ちょっとでいいし仕事まわしてねってお願いしとくのです笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

22と23

このまえ 17日で23才になりました。


メール送ってくれたり


SNSに書き込んでくれたり


ほんとうれしかったです


ありがとお!


そして手紙ももらっちゃいました へっへっへ


Image933


うん 誕生日むかえてまた頑張らな!って思えました。




そして明日は大事な大事な「22」日


願書の提出〆切日!


明日は雨みたいだけども


雨ニモマケズ


受験料6600円ニモマケズ


提出してきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

『Gallery Cafe & Bar CoLLabo』

三条通り、京都文化博物館の向かい


Ducemix Buildingの3階にあるギャラリーカフェ


1階はこのまえまで雑貨のお店がはいってたけど


もうすぐTommy girl(やっけ?)が入るみたい


お店の中はこんな感じ


Thumbnail2


ぼくが行ったのは昼だったんですが


ビルの1番奥にあって 落ち着いた感じ


その空間だけが存在してる感じでのんびりできます


やからか 女の人が多いんですが、1人の人もいたり、年齢層もそんなに狭くなかったりしてます。


写真の反対側にはおっきなソファなどもあるんですが


エラソーにがっつり占領してました笑


あと営業時間が 11:00~26:00 ってのがいいです!


またちょいちょい使うかもです。


【Gallery Cafe & Bar CoLLabo】

・住所 京都市中京区三条高倉東入ル桝屋町53 Ducemix Building 3F

・TEL 075 223 0660

http://www.collabo-kyoto.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

青は藍より出でて藍より青し

16日夕方‥夜?フットサルしてきました


雨もパラパラやったしよかった~


メンツは Kケン筆頭に法学部ピーポーと U井の13人


13人


なにがうれしいってあんま走らんでいいし


コート代1人あたり900円やし


1000円きっちゃうし これはデカイ


でも受験勉強でボロボロのくせハッスルしすぎて 気持ち悪い笑


吐いたとか 吐いてないとか


いや 吐いてないけど笑


それぐらいしんどかったってゆう。


やっぱ サルは楽しい!


そこそこエンジョイできました!


サッカーもサルも実際にやるのが1番ですね






ところで、欧州サッカー見なくなってから2年くらいたちます。


なんやら 気付いたらもうすぐCL決勝だとか


そう、そんぐらい欧州サッカーに関心なくなってるし


引きつけられるものがなくなったってことなんです


パッて思いつく理由は


まず、セリエで ベルルスコーニが引き起こしたサッカーバブル


それが リーガに そしてプレミアに伝播


「金あるとこに群がる選手」


「サッカーとは別次元でおこる給料、移籍金を吊り上げる駆け引き」


という図が鮮明になって。


で、それがすごい卑しく感じられるようになってってゆうかんじ


・・・・・そうゆう僕も 塾講で短期間で生徒さんたちの成績上げてるのに


たくさん講義をとらせた人のが


(ゆったら、その先生が能力ないから生徒に不必要な講義とらせなあかんことになってんのにっ!)


給料に反映されるってゆうのに「」って思って


いきおいよくやめたんですが笑


やっぱり サッカーはまた少し違うと思います。


そして次にセリエでアリゴ・サッキが採用した革新的な戦術 ことごとくスペースを消すゾーンプレス、オフサイドトラップ


これも リーガに そして特にプレミアに伝播し


より洗練された戦術に。


そして セリエのフィジカルに任せた、異常に展開が速いサッカーとはまた違った


そして ほんの5、6年前まではただ愚直にパス&ゴーを繰り返すのみのプレミアのスピードサッカーともまた違った


異常なスピードサッカーになっちゃいました。


人ってこんなに動くもんなん?


人の限界じゃない?


ってゆう


もちろん洗練されたテクニックがあるからこそこんなに速くサッカーを展開できるんですが


いわば 「肉体的アスリート」の匂いが強すぎて


ハリウッド映画を観てるみたいな感じなんです


フランス映画や日本映画から感じられる


動静


緩急


うなるような旨さが全くないんです


やから やっぱりだんだん飽きがきたんだと思います。


セリエが生んだ財産が(弊害が)他のリーグで大きくなり 洗練される


青は藍より出でて藍より青し





補足


」色はイタリアが面してる地中海の色でもあります。


サッカーイタリア代表の愛称「アズーリ」は地中海の色のことです




補足


このことわざの「あお」ってどの「あお」やっけなぁって思って調べて、ふんふんって思ったこと


「蒼」色は 干し草や、くすんだ青色のこと


「碧」色は緑が強い青色のことらしいです


ためになったね~


ためになったよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«あきらめたら ~修正版